逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ

無料相談あり、24時間365日営業
お悩みになる前に、まずお電話ください

風俗トラブルでお悩みの方へのメッセージ

bengoshi_p1

アトム法律事務所は、平成20年に「刑事事件だけ」を取り扱うというコンセプトで設立された弁護士事務所です。現在は、総合事務所として、全国各地で多様なトラブルを取り扱っています。

このページでは、風俗トラブルとの関係で、アトム法律事務所の弁護士をご紹介いたします。

風俗トラブル相談は毎週。数百件規模の相談実績。

アトムの弁護士が回答してきた風俗トラブルの相談は多岐にわたります。

弊所で管理するデータベースに収録されているだけで数百件規模の法律相談を行っており(平成27年7月現在)、これ以外にも多くの風俗トラブル相談を行ってきました。

アトムの弁護士に相談すれば、きっとあなたのケースと同じような風俗トラブルを過去に取り扱ったことがあり、適切な回答を受けられると思います。

よくある相談パターン
意味
本番トラブル 本番禁止の風俗店で風俗嬢とセックスをしてしまったパターン。
盗撮トラブル 風俗嬢との行為を隠し持ったカメラで盗撮してしまったパターン。
児童トラブル 出会い系を装った風俗店を利用して児童買春をしてしまったパターン。

100件を超える解決実績とノウハウの蓄積・共有。

アトムの弁護士が解決してきた風俗トラブルの内容は多岐にわたります。

弊所で管理するデータベースに収録されているだけで100件以上の風俗トラブルを解決しており(平成27年7月現在)、これ以外にも多くの風俗トラブルを取り扱ってきた実績があります。

アトムの弁護士に事件の解決を依頼すれば、きっとあなたのケースと同じような風俗トラブルを過去に取り扱った経験があり、安心して弁護活動を任せられると思います。

よくある相談パターン
意味
示談で解決 風俗店側と示談を締結して解決するパターン。いわゆる円満解決。示談金についても安くなるように交渉。
争って解決 風俗店側の請求や主張を争って解決するパターン。警察沙汰になっても、無罪と不起訴を主張する。
無視して解決 風俗店側の請求や主張を無視して解決するパターン。相手の主張の根拠が弱い場合は無視するのも一つ。

office_name

アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)