痴漢に強い弁護士

風俗事件/釈放・保釈 アトムで解決

風俗・デリヘルトラブルで逮捕されても、留置場から釈放される場合があります。

「夫が風俗での本番行為で逮捕されてしまったが、釈放してもらう方法はある?」「風俗トラブルで早期釈放された実例を知りたい」

風俗・デリヘルトラブルの早期釈放についてお悩みの方へ。このページでは、過去にアトム法律事務所が受任した風俗トラブルにおいて、早期釈放が実現できた例を紹介します。

風俗・デリヘルトラブルに強い弁護士に早めに相談して、早期釈放を目指しましょう。

風俗・デリヘルトラブルで警察に逮捕された場合でも、留置場から釈放される場合があります。

具体的には下記のような場合です。

風俗・デリヘルトラブルで逮捕されても釈放される場合があります。

逮捕は最長72時間続きますが、犯人と疑う理由や逮捕の必要性がないと判断されると、釈放される場合があります。

風俗・デリヘルトラブルで逮捕されても、勾留されずに釈放される場合があります。

弁護活動によって、逮捕に続く勾留が決定されること阻止できる場合があります。

風俗・デリヘルトラブルで勾留されても、途中で釈放される場合があります。

勾留が決定された場合でも、準抗告という不服申し立てが認められれば、釈放されることができます。

風俗・デリヘルトラブルで起訴されても、保釈で釈放される場合があります。

検察官によって事件が起訴され、刑事裁判を受けることになった場合でも、弁護側が請求した保釈が認められれば、保釈金を納付して直ちに留置場から釈放されます。

風俗・デリヘルトラブルでご依頼者様が身体の拘束を免れたアトムの活動の一例

示談をまとめたことにより、ご依頼者様の逮捕を阻止(大阪25-17号事件)

事件の概要

ご依頼者様(会社員、30代男性、同種前科なし)が、ホテルにおいて、風俗店から派遣されたデリバリーヘルス嬢から性的サービスを受ける途中、誤ってコンドーム未着用のまま性行為に及び、風俗嬢側から強姦の被害を訴えられた事案。

解説

風俗嬢はすぐに店舗従業員を呼び、警察にも連絡しましたが、ご依頼者様がすぐにアトムにご相談されたため、アトムの弁護士が相手側との示談交渉を即時に開始しました。その結果、ご依頼者様が逮捕されることなく解決した事件。

弁護士が介入したことにより、刑事事件化を阻止(大阪24-88号事件)

事件の概要

ご依頼者様(会社員、40代男性、同種前科なし)が、ホテルにおいて、風俗店から派遣されたデリバリーヘルス嬢から、避妊具を着用すれば本番行為をしてもよいと言われ、店で禁止されている性行為に及んだが、その後風俗店から連絡が入ったため、強姦で訴えられるのではないかとご不安に思われアトムに相談に見えた事案。

解説

風俗店側にご依頼者様の連絡先や名前が知られていたが、弁護活動により、刑事事件化することなく終了した事件。

私達アトム法律事務所には、風俗・デリヘルトラブルで逮捕されても、ご依頼者様の身柄を早期に釈放してきた多くの実績があります。風俗・デリヘルトラブルの容疑で逮捕された場合は、無実の場合はできるだけ早く真実を明らかにして釈放されることが、真実風俗・デリヘルトラブルで刑事事件を起こしてしまったのであれば、被害者の方への対応を含めた対応を早急に行う必要があります。
アトム法律事務所の弁護士は、多くの刑事弁護活動の実績をもとに、ご依頼者様の事情に応じた適切な対応によって、早期の身柄解放を求めて活動します。


全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談